読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エボログ

PC、スマホ、オーディオ、エアーガン、東方Project、Web制作等、趣味とか色々と。なんでもありな感じで。

【お知らせ】
当ブログは下記サイトに移転しました。
http://blog.evolutor.net/

WE KATANAの調整 その1

先日購入したWE KATANA M4A1ですが、バラしてみると色々と問題な箇所が見つかったので、パーツを諸々交換する事にしました。

まず、最大の問題だった軸受け。
この削れ具合は・・・ちょっと・・・。
f:id:evolutor:20131214014330j:plain

KATANAの軸受けは8mmだったので、丁度家にストックしておいたSHSの8mmベアリング軸受けを使う事にしました。(SHSの軸受けも精度は今ひとつだが・・・)

接着は個人的にお気に入りのロックタイトを使います。
基本的に軸受けの固定はロックタイトの瞬間接着剤でやってます。
f:id:evolutor:20131214171018j:plain

そんな訳で、SHSの8mmベアリング軸受けに換装。
f:id:evolutor:20131214171737j:plain
接着剤+圧着しているので、中々ガッチリ固定されました。

続いて、カットオフレバーです。
そんなに悪くはなかったのですが、何度か撃ってるとたまにカットオフが正常に動作しない事があったり、ピストンが中途半端な位置で停止したりしていたので、SYSTEMAのエナジーカットオフレバーに変更する事にしました。
f:id:evolutor:20131214172921j:plain

KATANAはメカボックスが特殊な形状ですが、こういう所はマルイ互換なので良いですね。
f:id:evolutor:20131214173008j:plain
↑上が純正、下がSYSTENA

後は、バッテリーのコネクタをマイクロヨーロピアンコネクタに変更して、組み上げました。
結果、このような感じに。
f:id:evolutor:20131214184925j:plain

ピストン周りは一切いじってないので、初速は変わらず。
連射が秒10発→秒15発まで上がりました。
凄くいい感じ。

ただ、今回組み込んだSHSの8mmベアリング軸受けの精度がイマイチで、ベベルギアのノイズが凄いです。
これは早い所ちゃんとした軸受けに変えないとなぁ・・・。


また、KATANA用にマイクロヨーロピアンコネクタ→T字コネクタの変換コネクタを作成しました。
f:id:evolutor:20131214190308j:plain

端子同士を直接ハンダで固定してるので、超短い。
f:id:evolutor:20131214190630j:plain

KATANAの配線に取り付けるとこんな感じになります。
ヒューズレスですが、これでバッファーチューブ内に綺麗に収まる配線が作れました。
f:id:evolutor:20131214190702j:plain


==============
WE KATANAレビュー記事一覧

WE KATANAの調整 その2 - エボログ

WE KATANAの調整 その1 - エボログ

WE KATANA M4A1の分解 メカボックス編 - エボログ

WE KATANA M4A1の分解 シリンダー編 - エボログ

WE KATANA M4A1を購入 動作テスト - エボログ

WE KATANA M4A1を購入 購入~開封 - エボログ

==============